液体中性洗剤

ノーマルと何が違うの?アタックZERO部屋干しを買って試してみた

今回は「アタックZERO部屋干し」を深掘りです。

部屋干し臭が気になるこの季節、CMで頻繁にアピールされている洗剤ですね。

以前深掘りしたノーマルタイプのアタックZEROとの違いが気になっているかも多いのではないでしょうか?

果たしてどんな洗剤なのか?早速深掘り開始です。

効果・特徴

製品裏面の説明と公式サイトからアタックZERO部屋干しの効果と特徴をまとめました。

①抗菌プラス=24時間部屋干し臭を防ぐ

②ウィルス除去=洗うだけで99%ウィルス除去

③洗濯槽防カビ

④すすぎ1回OK

⑤蛍光増白剤無配合

*「すべてのウィルス、菌に効果があるわけではない」の記載あり。

ノーマルのアタックZERO同様、菌、ウィルス、カビなどの何かと気になる奴らにしっかりとアプローチしてくれる洗剤のようですね。

蛍光増白剤無配合も嬉しいポイント。

蛍光増白剤は白い衣類をより白く見せてくれる成分なのですが、生成りやパステルカラーの衣類を白っぽく洗い上げてしまう事があるという弱点があります。

つまりは生成り、パステルカラーの衣類は蛍光増白剤配合の洗剤では洗わない方が無難です。

その蛍光増白剤を無配合にしているので、1度により多くの衣類を洗濯機にぶち込む事が出来ますね。

私のような面倒くさがりには嬉しい特徴です。

>洗濯洗剤の成分について詳しくはこちら

洗えるもの・洗えないもの

お次はどんな衣類が洗え、また洗えないかを見ていきましょう。

製品裏面の液性、用途、成分+ピンクの□内の表示を読み解くと何が洗えて、洗えないかを知る事が出来ます。

液性

【液性】は中性とあります。

洗濯用の洗剤には中性と弱アルカリ性があるのですが中性は弱アルカリ性の洗剤より衣類に対するダメージが少ないという特徴があります。

ダメージと言ってもいまいちピンと来ませんね。ダメージ=色落ちと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

つまり、中性の洗剤は弱アルカリ性の洗剤より色落ちのリスクが少ないという事になります。

蛍光増白剤無配合で生成り、パステルカラーの衣類が洗え、中性で色落ちのリスクを減らしているので濃色の衣類まで安心して洗える。

いちいち衣類を分類するのが面倒な方には大きなメリットですよね。

*色落ちの可能性が0な訳ではありません。ジーンズなど色落ちのしやすい衣類は事前に色落ちテストをすることをオススメします。

>色落ちテストの仕方はこちら

用途

お次は【用途】

綿・麻・合成繊維の衣類が洗えます。合成繊維とはポリエステル、ナイロンなどの化学繊維の事です。

毛(ウール)や絹(シルク)などのデリケート衣類は洗わない方が良いでしょう。

成分

【成分】は酵素に注目です。

酵素は頑固な皮脂汚れやたんぱく汚れを分解してくれる成分です。

たんぱく質そのものであるウール・シルクも分解してしまう恐れがあるのでここからもこの洗剤でウール・シルクを洗わない方がいい事が分かります。

ピンク□

最後は【ピンク□】

ピンク□内の洗濯表示の衣類はこの洗剤で洗わない方がいいでしょう。

まとめます。

まとめ

「アタックZERO部屋干し」は

①綿・麻・合成繊維が洗える

②ウール・シルクは洗えない

③「中性」で色落ちのリスクを抑えているので濃色の衣類を弱アルカリ性より安心して洗える(100%ではない)

④蛍光増白剤無配合なので生成り、パステルカラーの衣類が洗える

⑤下の洗濯表示がある衣類は洗わない

ノーマル(アタックZERO)との違いは?どちらを使えばいいの?

お次は気になる方も多い事でしょう。

ノーマルタイプのアタックZEROと今回のアタックZERO部屋干しの違いを見ていきましょう。

2つの洗剤の違いを知りたい時には成分を比べてみる方法が1番簡単です。

写真の赤○に注目してみましょう。

アタックZEROは界面活性剤51%、部屋干しは50%。

界面活性剤とは汚れ落としの主役となる成分です。こいつの洗剤中に含まれる割合が2つの洗剤ではわずかに違います。

何と成分から分かる2つの洗剤の違いはこの界面活性剤の割合のみ。使われている成分は2つの洗剤は全く一緒のようです。

他に何か大きな違いはないかと公式サイトを含め色々と調べてみた所

「部屋干し」の裏面にこんな表示がありました。

何だか少し分かりにくいですが「部屋干し」の方は香料にノーマルにはない消臭技術が使われていると言う事なのだと思います。

「部屋干し」を名前にしているだけあってやはりニオイ対策に力を入れてくれているようです。

まとめてみると

アタックZEROとアタックZERO部屋干しの違いは

①界面活性剤の割合

②「部屋干し」にはノーマルにはない消臭技術が採用されている

といったところでしょうか。

アタックZERO部屋干しの方がよりニオイに特化した成分構成になっていると考えると分かりやすいですね。

梅雨時だけでなく、花粉やPM2.5の問題などから普段部屋干しをすることが多い方はノーマルより「部屋干し」を選んでおけば間違いないのではないでしょうか。

私だったらこんなものを洗います

アタックZERO部屋干しの話題に戻りましょう。

今までの情報を踏まえ、私だったら写真のような衣類を洗います。

①エリ汚れが気になるポロシャツ

②濃色の綿のズボン

③パステルカラーっぽいパーカー

④生成りっぽいズボン

⑤、⑥ スポーツウェア上下

アタックZERO部屋干しは蛍光増白剤が無配合で生成り、パステルカラーの衣類が洗えて、中性なので濃色の衣類も比較的安心して洗える洗剤でしたね。

消臭力に特化していますので汗をたっぷりかいたスポーツウェアを洗っても良いでしょう。

もちろん、タオル、靴下、下着などを洗っても良いと思います。

さすがに幅広い衣類が洗えますね。

洗浄力(ノーマルとの比較あり)

最後に気になる洗浄力を見ていきましょう。

ファンデーションは油汚れ=「皮脂」

卵はたんぱく汚れ=「食べ物」

カレーは色素汚れ

を想定しています。

ちなみに洗浄力については各ご家庭で洗濯条件が異なる事と思いますのであくまで参考程度にお考え下さい。

水温は30℃。裏面に記載の洗剤量を投入し、普通コースで洗いました。

果たして結果は?

良い感じではないでしょうか。

ファンデーション、たんぱく汚れはうっすら残っている程度でほぼ除去出来ています。

カレーの色素は最強クラスの洗剤でも完全に落とすことは難しい汚れですのでこれくらい落ちてくれれば上々と言っていいでしょう。

アタックZEROの洗浄後の写真です。

ほぼ変わらない洗浄力と言っていいのではないでしょうか。

ニオイに特化したからと言って洗浄力を犠牲にしていない所はさすがです。

やはり、部屋干しすることが多い方はノーマルより「部屋干し」を選ばない手はありませんね。

[まとめ]アタックZERO部屋干しはニオイに特化しつつも洗浄力はバッチリ。幅広い衣類が洗えて普段使いに重宝する洗剤。

いかがだったでしょうか。

今回は「アタックZERO部屋干し」を深掘りしてみました。

ニオイに特化した成分構成にも関わらず洗浄力も申し分なし。中性で蛍光増白剤無配合なので1度に幅広い衣類が洗える洗剤であることが分かりました。

加えて抗菌、防カビ、ウィルス除去まで出来る高機能洗剤と来ている。

普段衣類がそこまで激しく汚れないよなんて方にはこれ以上ない万能洗剤と言えるのではないでしょうか。

最後に私からおせっかいを少々。

「部屋干し臭」はどんなに衣類をキレイに洗っても乾燥に時間がかかってしまうと残念ながら普通に発生します。

つまりは部屋干し臭対策に特化した「アタックゼロ部屋干し」で完璧に洗濯をしても衣類を洗濯機の内部に長時間放置しちゃったりすると「部屋干し臭」はほぼ100%発生します。

「部屋干し臭」を防ぐには、しっかり洗う事に加え、すばやく乾かす事がとっても重要です。

確かに最近は「部屋干し臭」に特化した洗剤が数多く販売されています。各メーカーが技術の粋を結集した製品はニオイに対し優れた効果を発揮してくれることは間違いありません。しかしながら、どうかその優れた機能に頼りっきりになるのではなくすばやく乾かす事にも意識を向けてみて下さい。

しっかり洗い、すばやく乾かす。

この二刀流を使いこなしてこそ、にっくき「部屋干し臭」とおさらば出来るのです。

乾かし方が肝!部屋干し臭(生乾き臭)とキッパリお別れしませんか?梅雨が近づいて来ました。 洗濯物を部屋干しする機会も増えてくる時期ですね。 部屋干しでのお悩みNo1と言えばやはり「部屋干し...
関連記事