シミ抜き・特殊加工

最近、存在感の薄いネクタイですがたまには洗ってあげましょう

先日お客様様から「ネクタイって洗えますか?」とお問い合わせがありました。クリーニング屋で働き始めて早10年ほど経ちましたが1年に4、5件は同じ問い合わせがあります。

特に若い男性はネクタイの洗濯をどうしていいか分からない方が多いようです。

答えはもちろん「YES」

ただし、家庭の洗濯機での水洗いはNGです。

◼ネクタイはシルク製

ネクタイはほとんどがシルク製です。

最近はポリエステル製のものもちょくちょく見かけますがやはりシルクのものが圧倒的に多い印象です。

最近はデリケート衣類の家庭洗濯もすっかり定着し、カシミヤのセーターなどのデリケートな衣類をご家庭で洗濯する方も増えていると思いますが、ネクタイは家庭洗濯を避けた方がいいです。

ネクタイに使われているシルクは特に細くデリケートなので家庭の洗濯機で水洗いをしてしまうと型が崩れる、光沢がなくなる、縮む、といい事がありません。

私も外で働いて1人暮らしをしていた時に誤ってネクタイを洗ってしまった事が何度かありますがあの状態になってしまうと元に戻すのは非常に困難です。

ネクタイの洗濯はクリーニング屋によるドライクリーニングが正解です。

◼食べこぼしが良くつく

ネクタイのシミで何と言っても多いのが食べこぼし。しこたま飲んでシメのラーメンを一杯!なんて時はほぼ100%ラーメンのつゆがついてます。

ラーメンのつゆなどは脂分が多いせいもありネクタイについてもあまり目立ちません。気にせずに放っておくと

1番上の写真のように汚れが酸化し、茶色いシミとなって浮き上がってきてしまいます。

このシミは残念ながら普通のクリーニングでは落としきれません。

◼撥水加工がオススメ

ネクタイに撥水加工?と思われる方もいらっしゃると思いますが、撥水加工には水を弾くだけではなく汚れを弾き、つきにくくする効果があります。

しまい洗いされる前の撥水加工がオススメです。ラーメンの汁にも効果抜群ですよ(^^)

◼シミ抜きも出来ます

1番上の写真のように放置して通常のクリーニングでは落ちないシミも特殊シミ抜きで除去可能です。

お気に入りのネクタイのシミでお悩みの方は是非ご相談下さい。

before

after

少し宣伝が多くなりましたが、クールビズ導入により何かと存在を忘れられがちなネクタイ。

スーツスタイルに華を添え、時に頭に巻かれ、人知れずラーメンの汁からYシャツを守ってくれる頑張り屋さん。

たまには愛を込めてしっかりお手入れしてあげませんか?

関連記事