豆知識・裏技

暑い夏には吸水速乾素材を使った衣類がベタつかないのでおススメです

梅雨明けとともに毎日、暑い日が続きますね。クリーニング屋もこの時期は毎日、サウナに入っているかのような暑さの中、仕事をしています。

そんな暑さの中、何よりも不快なのが汗をかいた時に肌にビタっとまとわりつく衣類です。

もうなんか「う~~んっつ!」ってなります。

いっそタンクトップに短パンで仕事をしたいところですがそういうわけにもいきません。

そんな不快感を少しでも軽減するため私は吸水速乾素材を利用した衣類を愛用しています。

吸水速乾素材とは?

出典:モンベル

吸水速乾素材とは上の図にあるように汗を素早く吸水し、その汗を拡散させ、蒸発させる事により衣類をドライで快適な状態にすることを目指した素材です。

各メーカが様々な吸水速乾素材を開発しており、その仕組みはメーカにより様々です。

どんな仕組み?

出典:モンベル

では実際どのようにしてすぐれた吸水速乾性を実現しているのでしょうか?

ウィックロンの場合、普通は丸い繊維を十字断面に加工することにより優れた吸水拡散性を実現しているようです。

吸水速乾素材はポリエステルなどの化学繊維が使われているものが多く、製造の際にプラスチックのように様々な形に繊維を加工することが出来るんですね。

拡散性が肝

「論より証拠」ということで実際にその優れた吸水速乾性のほどを見せていただきましょう。

写真は同じ量の水を生地の裏側から霧吹きで吹きかけ10分程放置したものです。

手前がモンベルの吸水速乾素材のウィックロンを使ったtシャツ。奥は綿100%のポロシャツです。

明らかに手前のウィックロンの方が水が広範囲に広がっているのが分かります。

この水分を広範囲に広げてくれる拡散性が吸水速乾素材では非常に重要になってきます。

一点に落とした絵の具より、筆で広げた絵の具の方が乾きやすいのと同じですね。

この優れた拡散性があってこその速乾性なんです。

綿はタオルに使われていることからもわかるように吸水性は抜群なのですが拡散性がウィックロンに比べ低いのでやはり乾くのが遅くなってしまいますね。

暑い夏には吸水速乾素材

いかがだったでしょうか。テクノロジーの力ってすごいですよね。

私も色々な吸水速乾素材を試しましたがやはりアウトドアメーカーの製品は全体のレベルが高い印象です。

登山において汗をすばやく吸水、拡散し蒸発させることは時に命に関わるほど大事な事ですからね。

私は仕事中はユニクロのドライEX製品をキャンプや釣りではモンベルのウィックロンを愛用しています。

年々暑さを増しているように感じられるこの頃。

これからも吸水速乾ウェアと共に地獄の夏を乗り越えて行く所存です。

関連記事
豆知識・裏技

【画期的】人工クモの糸繊維「QMONOS®」

2019年6月30日
クリーニング屋2代目のブログ
出典:Spiber 「人工的に作ったクモの糸を使った服が発売される。」 先日、こんなニュースを耳にしました。 人工的にクモの糸が作れるなんてすごい事ですが …
豆知識・裏技

家庭で洗えるものも多いので学生服は月に1回洗ってあげましょう

2021年4月5日
クリーニング屋2代目のブログ
桜も咲き、すっかり春の陽気のこの頃。今週からお子様が新学期スタートという方も多いのではないでしょうか? この春休み期間中、当店でも新学 …
豆知識・裏技

花粉症歴30年の洗濯屋が花粉が付きにくい服装について考えます

2019年3月31日
クリーニング屋2代目のブログ
花粉シーズン真っ只中。私も筋金入りの花粉症で毎年目のかゆみ、くしゃみなどの不快感に悩まされております。 マスクをしてみたり、薬を飲んで …
豆知識・裏技

マジックテープのホコリは100均グッズで簡単に除去できます

2020年2月24日
クリーニング屋2代目のブログ
衣類だけにとどまらず様々な場面で活躍してくれるマジックテープ。写真のように小さなホコリのようなものが溜まることありますよね。特に冬服のアウタ …
豆知識・裏技

乾燥後放置でシワ&火災の危険があるので乾燥機はうまく使いましょう

2021年6月14日
クリーニング屋2代目のブログ
雨のシーズン真っ只中、乾燥機が活躍する季節です。 ご自宅で、コインランドリーで、乾燥機を活用していらっしゃる方も多いのではないでしょう …