子供服

ラーメンの油は家庭にあるアレを使ってシミ抜きしてみましょう

久々の甥っ子シリーズです。

さて今回、キレイにして欲しいと妹より命が下ったのは写真のトレーナー。

ご覧の通りラーメンの油が跳ねに跳ねまくっております。

もう途中でどうでも良くなちゃんでしょうね。むしろわざとやってる?位の跳ね具合です。

1度洗濯機で洗ってみたけど取れなかったのだとか。

油系のシミは何もせず洗濯機で洗っただけではまず落ちませんね。洗濯前に1手間加えてやる必要があるのです。

いいでしょう。オジサンいつものようにいっちょ頑張ってみます。

今回ご紹介する方法は洗濯表示がOKであればご家庭でも試せる方法ですのでお困りの方は是非。

洗濯表示を確認

作業前に洗濯表示を確認しておきましょう。

洗濯表示の一番左、洗濯桶のマークに×が付いていなければ今回ご紹介する作業をして大丈夫です。

このトレーナは大丈夫そうですね。

>洗濯表示について詳しくはこちら

前処理

ここが今回のポイントです。

繰り返しになりますが油系のシミは非常に頑固なシミですので何もせずに洗濯機で洗ってもまず落ちません。洗濯機前の「前処理」である程度シミを落としておく必要があるのです。

前処理には綿・麻・化学繊維の衣類であれば写真の台所用中性洗剤、クレンジングオイル、洗濯用固形石鹸、どれを使っても基本的にはOKです。

ウール製品はアルカリに弱いのでアルカリ性である洗濯用固形石鹸は使わない方がいいですね。

どれも色落ちの可能性がゼロではないので使用前に色落ちテストをしてからの使用をオススメします。

>色落ちテストの方法はこちら

写真一番下のエネロクリーンや人気のウタマロ石鹸は蛍光増白剤という成分が配合されているのでパステルカラー、生成りの衣類には使用しない方がいいです。白っちゃけて仕上がってしまうことがあるからです。

今回のトレーナーも本当はエネロクリーンを使いたかったのですが少し心配な色合いなので台所用中性洗剤で前処理をする事に決めました。

>洗濯洗剤の成分について詳しくはこちら

台所用中性洗剤を塗布

たらたらと理屈を並べてしまいました。実際の前処理に移ります。

洗濯桶のようなものに40℃のお湯を用意し、台所用中性洗剤をシミ部分に塗布します。

お湯に付けてから洗剤を塗布すると、どこがシミか分からなくなってしまうのでお湯に付ける前に塗布する所がミソです。

洗濯表示は30℃で洗って欲しい表示となっていますが自己責任で40℃のお湯を使用しています。油ジミは常温よりお湯の方が断然良く落ちるのです。

ニットなどのデリケートな衣類で行う場合や極力色落ちをさせたくない場合は30℃位の温度がいいでしょう。

揉み洗い

ここで初めて桶のお湯に衣類をつけて、そのまま揉み洗いします。

デリケートな衣類の場合は歯ブラシなどを使って叩いてシミを除去すると良いと思います。特にウール製品は揉み洗いをすると縮んだり硬くなったりしちゃうのでご注意を。

軽くすすぐ

軽くすすぎます。泡がなくなるまで完璧にする必要はありません。

デリケート系の場合はここでもガチャガチャしないで押しながら優しくすすぐようにするといいです。

これにて前処理は終了です。

洗濯機にぶち込む

ここまで来れば後は簡単。衣類を洗濯機にぶち込み、洗濯表示の洗い方に従ったコースで洗います。洗剤も普段その衣類に使用しているもので大丈夫です。

私の場合はここでも40℃のお湯に、アタックバイオパワーを使用して普通コースで洗濯しました。

お持ちの衣類が「手洗い」表示の場合は洗濯機は使わず手洗いを行った方がいいでしょう。

洗濯屋直伝!ウールの自宅での洗い方【手洗い編】「洗えるウール」なんてキャッチフレーズを耳にすることも増えた昨今。 ウールの自宅洗いに興味のある方も多いのではないでしょうか。 ...

↑記事内ではウールのセーターを洗っていますが「手洗い」表示の衣類であれば同じ方法で洗っていただいて大丈夫です。

乾燥

日陰で自然乾燥。

果たして結果は?

バッチリですね。

before

いかがだったでしょうか。今回は異次元に油跳ねした甥っ子のトレーナーをキレイにしてみました。

情報が多かった為、面倒な作業に感じますが改めて作業を整理すると

①台所用中性洗剤で前処理

②洗濯機にポン

のメチャクチャ簡単な作業となりますのでお子様の、またはご自身の油跳ねにお困りの際は是非今回の方法を試してみて下さい。

この記事を読んで、妹も油跳ねのシミを今後私のもとに持ち込むことはパッタリとなくなる事でしょう?

関連記事